スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界史でもっとも高額な紙幣 ハンガリー通貨ペンゲー

普段、我々が何気なく使用しているお金。お金にはその国独自の特色があり、使用されている貨幣や紙幣はそれぞれ違う。また、そのお金を発行する国によって、お金が持つ力も変わってくる。強力な経済力に裏打ちされた円やアメリカドル、ユーロといった主軸通貨は、現在の世界ではもっとも安定したお金といえる。そのため、変動相場とはいえ、値段も安定しており、持っていても大幅な下落はない。だが、世界には国の経済が弱いため、力がほとんどない通貨も存在しているのだ。アフリカの一国家、ジンバブエが発行するジンバブエドルはその最たるものだろう。このジンバブエドル、国の経済があまりにもメチャクチャなため、たった一枚の紙幣に「100兆」という数字が刻まれているほど、信用力がない通貨だ。まさに「ケツを拭く紙」にもならないのである。
だが、歴史には、このジンバブエドルよりもはるかに信用力がない通貨が存在しているのだ。
それはハンガリーで使用されていたペンゲー。この通貨は第一次世界大戦後、すでにインフレ状態にあったオーストリア・ハンガリー通貨のクローネに変わる紙幣として導入された。この通貨、最初は近隣諸国でもっとも安定した通貨として流通しており、3800ペンゲーで金1キログラムとの交換も可能だった。
ところが、第二次世界大戦後に発生した未曾有のハイパーインフレによってペンゲーは大暴落。猛烈な勢いでインフレが進行し、わずが数ヶ月で単位が兆を突破してしまうのである。だが、それでもインフレは止まらず、その後、ペンゲーはさらに大暴落し、ついには垓の単位にまで到達する。最終的には10垓ペンゲーという紙幣まで登場し、見事に世界最悪の通貨として歴史にその名を残すことになる。当然、その間、ハンガリーの経済はボロボロで、国民は不便極まりない生活を送っていた。
現在、1000兆円という莫大な借金を抱えている日本にとって、ハンガリーの混乱は未来の出来事となるかも知れない。
スポンサーサイト

ブログの内容とはあまり関係がないですが・・・・・・

ブログのサイドエリアに広告を幾つか追加させていただきました。
特に意味はないですが、せっかくブログを作ったので貼ってみました(笑
良かったら覗いてみてください。
んでは!

このブログに関して

どうも初めまして、グーニャと申します。歴史に興味を持っているしがない社会人でございます。
このブログは歴史上でおこった様々な事象に関してをまとめて書いていこうかと思い設立しました。何分、文章にうとい管理人のため、いささか読みづらい表記・文体等があるかと思いますが、どうぞ生暖かい目で見守ってくれると幸いです。
いつまで根性が続くかわかりませんが、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。
sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。