スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶清滅洋 義和団の乱

古来より東方世界にて君臨していた大国・中国。しかし、清の時代、中国はイギリスやフランスなど外敵による脅威にさらされ、崩壊の危機に瀕していた。アヘン戦争やアロー号事件などを経て中国は半ば欧米の植民地にされかけていた。それでもまだ「眠れる獅子」と恐れられ、東方での大国として地位を保っていたのだが、不幸なことに、日本という島国に負けてしまったことで崩壊に拍車がかかった。日清戦争において大敗した清国を、欧米列強は「太った豚」とみるようになり侵略を本格化させたのだ。
この欧米列強の侵略に対して立ち上がったのが秘密結社「義和団」を中心とする農民たちであった。彼らは「扶清滅洋」(清を助け西洋を滅ぼす)を唱えて外国人排斥運動を開始。運動の規模は瞬く間に膨れあがった。最初はごく少数だった人数も、時間の経過と共にその人数を増してゆき、最終的には20万人を超すまでにいたる。そしてこの群集団は、外国人を排除するためについに北京への入城を果たしたのである。
北京に入城した義和団は猛威を振るった。多数の外国人が襲われ暴行を受け殺害された。キリスト教徒の信者であれば外国人だけでなく中国人に対しても酷い暴力がくわえられた。外来物の商品を扱う店舗も破壊され、外国製の鉄道も攻撃対象として次々と襲われた。一部の外国人たちは公使館に立てこもって抵抗したが、所詮は多勢に無勢である。日本公使館の書記官だった杉山彬が殺害され、ドイツ公使だったクレメンス・フォン・ケッテラーも殺された。他の国の公使館でも多数の死傷者がでており、各国の公使館は2ヶ月におよぶ籠城戦を余儀なくされた。これほどまでの惨事になったにも関わらず、清政府は義和団を止めようとせず、むしろこれに便乗する形で欧米列強に宣戦布告したのである。清としてはこの機に欧米列強を中国から追い出したかったのだろう。だが、この選択が最悪であった。
義和団とそれに伴う清政府の対応に欧米列強が黙って引き下がるはずがない。義和団を鎮圧するため、そして清政府を叩き潰すために、イギリス、アメリカ、ロシア、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、そして日本が連合して軍隊を派遣してきたのである。特に日本は8000人という大軍を派遣した。
そして戦いが開始され、清軍は各地で大敗。義和団もおびただしい数の犠牲者を出して敗北した。近代兵器で武装した連合軍に対し、昔ながらの剣や槍、旧式の銃や大砲で武装した清軍と義和団は太刀打ちできなかったのである。
この戦いによって北京は占領され、紫禁城をはじめとする数々の秘宝が略奪された。歴史的・文化的な建築物も数多く破壊され、そして火がつけられて灰にされた。清王国の支配者だった西太后は貧しい庶民に扮して北京から脱出し、多数の責任者が自殺・または処刑された。そして清国には多額の賠償金が課せられ、様々な権益が奪われ、不平等な条約を結ばされた。清国は国としての体裁を保ったまま植民地とされ、やがて滅びる滅亡する。義和団事件は中国の変革を促す大きな事件であったといえよう。
スポンサーサイト

秦の始皇帝暗殺計画

世界史に「もしも」という出来事は多々ある。その多々ある「もしも」という出来事の一つを紹介したいと思う。
時は紀元前、中国戦国時代。7つの国家が林立し、中国全土に覇を唱えようとしていたこの時代、強力な軍事力と強大な経済力によって中国統一を目指す国家があった。
国家の名は秦。国を率いる王の名は政。後に歴史上、始めて「皇帝」を名乗る者である。
政の強力な指導の下、秦は大軍を用いて次々と各国を侵略、併合していく。韓や趙といった国が滅ぼされ、その光景を目の当たりにした燕の王は恐れおののき、一計を画策する。政と元へ暗殺者を送り込み、政を亡き者としようとしたのだ。
燕の国の暗殺者として選ばれたのは荊軻(けいか)という若者であった。
秦の国にて政に謁見した荊軻は、秦の裏切り者の首と燕の国の領土割譲を申し出て政に近づいた。割譲する領土が燕の国でもっとも豊かな土地だったことに喜んだ政は、さっそくその地図を開いた。そして地図を最後まで開ききり、目にしたモノをみて硬直した。なんと巻物の最後に七首という短剣が仕込まれていたのである。
荊軻がサッとその短剣を掴み、政に襲いかかった。周囲が騒然となった。逃げ惑う政。斬りつける荊軻。武器をもっては殿上に上がれないため、部下達はうろたえるばかり。
その時、政に向かって声がした。

「王よ、剣を背負われよ!」

ハッとした政は背負うような形で剣を抜き放つと、製は荊軻に一撃を叩き込んだ。重傷を負い、呻く荊軻はそれでもなお抵抗の意思を示して短剣を政に向かって投げつけたが、抵抗もそれまでだった。短径を避けた政は荊軻にトドメの一撃を放ち、この刺客を自らの手で返り討ちにした。
この暗殺劇に激怒した秦はすぐさま燕へと大軍を派遣し、これを滅ぼす。そしてやがて中国全土を統一するのだが、もしこの暗殺が成功していれば歴史は変わっていたかもしれない。中国の統一はまだ先のものとなり、群雄割拠の戦国時代が続いていたはずだ。歴史とはどこでどう転ぶかわからないものなのだから。
ちなみに、暗殺に失敗した荊軻は死してなおも死体を切り刻まれたという。だが、彼の無謀だが勇敢な行動は、後の歴史家たちに大きな感銘を与えたといわれている。
sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。