スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血の報復 ベナベンテ事件

誰にも自分にとって大切な人はいるだろう。愛する恋人、親しい友人、妻、あるいは夫、両親、子ども、孫やひ孫、誰にでも大切な人が存在するはずだ。
ではもし、その大切な人を痛ましく傷つけられたらどうするか。泣き寝入りをするか、それとも・・・・・・。

 1992年、その事件はスペインで発生した。
 最初の犠牲者は休暇にやって来た若い女教師だった。彼女は突然、男に車の中に引きずりこまれ、目隠しをされた状態で町はずれの農場小屋に連れ込まれてしまう。 彼女は小屋の中で全裸にされ、剃刀で下腹部と太腿をずたずたに切り裂かれ、男に強姦された。血を流し痛みと恐怖で泣きわめく彼女に対し、満足した男は、彼女をそのまま小屋に置き去りにして去っていった。
数時間後、低空飛行で巡回中だったヘリコプターのパイロットが、血まみれで岩場をよじ登っている全裸の女を発見する。ヘリコプターを着陸させ、パイロットが近づこうとすると、女性は犯人が戻ってきたと勘違いしたのか、恐慌状態に陥り、錯乱してしまう。パイロットは数時間かけてなんとか彼女を説得し落ち着かせると、保護して病院に輸送した。これが恐怖の事件の幕開けであった。
 数日後、今度は自宅の庭で鶏に餌をやっていた主婦が襲われた。彼女は突然現れた男に鶏小屋の支柱に針金で縛りつけられると、服を剥ぎ取られ、剃刀で太腿と下腹をめちゃめちゃに切り裂かれた上で、強姦された。痛みと恐怖で泣き叫ぶ女性に男は容赦しなかった。男は女性の肛門にほうきの柄を突っ込み、移植ゴテを膣の中に付け根の部分まで深々と突き立てたまま、精を吐き出し、満足した末に逃げていった。
約1時間後、帰宅してきた夫に発見された女性はすぐに病院へと搬送された。出血がひどく輸血でようやく命をとりとめたが、性器は4度に渡って手術しなければならないほど深く傷ついていた。警察は女性に対して犯人の特徴を訪ねたが、目隠しをされたため、犯人の顔を見ていなかったという。恐怖はさらに続く。
 10日後、第3の事件が起きたのだ。被害者は16歳の少女だった。就職して間もない彼女は、帰宅途中に誘拐され、道路端の道具倉庫に放りこまれた。16歳の少女にとっては悪夢に等しかったに違いない。太腿と腹部をずたずたにされ、苦痛と出血でのたうつ彼女に対し、犯人は容赦なく強姦した。否、犯人は強姦だけでは飽き足らず、少女の膣と肛門に石をいくつも詰めこみ、腹や背中を殴打した。結果、肝臓が破裂し、さらに少女の乳首は鋭利な刃物で斬りおとされた。
 この残忍で凶悪な事件に対し、警察は威信にかけて捜査をすすめる。その捜査員の中に毛髪と繊維の分析を専門にしていた法医学者がいた。彼は、事件現場から犯人の毛髪と服の繊維を採取し、そこから犯人が使用していたコロンを特定。また犯人は喘息持ちであることも明らかにする。捜査員たちは地元の薬局をまわり、法医学者の作成したプロファイルに一致する喘息持ちの男を探した。
 そして捜査2日目にして容疑者は逮捕された。農場で一人暮らしをするマニュエル・ベナベンテという孤独な男だった。
 ベナベンテが留置所に拘置されて3時間後、弁護士が到着する。その弁護士の顔には緊張が走っていたが、それは残忍な凶悪犯と対峙する緊張からではなかった。弁護士は面会のため監房に入り、ドアに鍵がかけられた直後、悲鳴が聞こえた。
 担当警官が慌てて房に駆けつけ、ドアを開けると、なんと犯人のベナベンテは喉を耳から耳まで切り裂かれ、ひゅうひゅうと息の漏れる音をさせながら床でのたうちまわっていたのだ。呆然と立っている警官に歩み寄り、血塗れの剃刀を手渡したのは先ほど入ったばかりの弁護士だった。 そして彼は自らの犯行であることを告げたのである。この弁護士は最後の犠牲者となった少女の叔父だったのである。
 残虐な犯人ベナベンテは、しばらくの間、苦しげに自らの血でつくった海で泳いでいたが、やがて息絶えた。
 捕まった弁護士は、警察の聴取にたいし、「かわいい姪があんなひどい目にあわされてからずっと、犯人を殺してやりたいと思っていました。弁護の依頼が来たときは、自分の幸運が信じられなかった」と述べている。
 裁判所は、彼を完全に正常と診断した上で、「彼は姪の身に起こった不幸によって過度のストレスを受け、一時的に精神のバランスを欠き、ベナベンテを殺害した時点では正常な精神状態になかった。」との判断を下した。弁護士は今後60週間の精神療法を受けることと引き換えに、裁判官の好意によりただちに釈放された。

以下、ポイントサイトリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

メアリー・セレスト号事件

 1872年12月5日のことだ。大西洋上を航海中の英国船「デイ・グラシア号」のモアハウス船長は、一隻の奇妙な帆船が漂流しているのを発見した。規則的な行動をするのではなく、ゆらゆらと風になびかれるまま動くその船に違和感を覚えたモアハウス船長は、船に呼びかけをおこなうため信号を発したが、奇怪な船からは何の応答もなく、船上に人影すら見当たらない。
船体には、「メアリー・セレスト」とあった。
 メアリー・セレスト号は、アメリカ船籍のブリガンディン型帆船で、原料アルコールを積み、11月5日にニューヨークからイタリアのジェノヴァに向けて出帆していた。乗組員はブリッグズ船長とその妻セアラ、2歳の娘ソフィアに、乗務員7人を加えた計10人である。モアハウスはブリッグズ船長と親しい友人であり、出港前に会食していた。このことは、後に船長二人の共謀による詐欺疑惑を招くことになるのだが、それはまた別の話である。
 海を漂うメアリー。セレスト号を発見したモアハウスは、一等航海士のオリヴァー・デヴォー他2名に命じ、メアリー・セレスト号を調べさせた。
ボートで接近し、船によじ登る3人。船上には誰もいない。救命ボートも失われており、乗員は何らかの理由で船を棄てたのだと考えられた。しかし疑問が残る。甲板は嵐で傷んでおり、甲板の下には海水が侵入していたが、全体として大きな損傷は見られず、船を棄てる理由が見当たらなかったのだ。
 3人は船外だけでなく船内も調べあげた。暴力の形跡はなく、食料は十分にあり、衣服も残ったままだ。積荷の原料アルコールも残されたままであったが、樽の一部が壊れて中身が流出していた他は、特に変わった様子もない。船長室には航海日誌が残されていたが、アゾレス諸島の西160kmに位置しているという11月24日の記述を最後に途絶えていた。また、経線儀や六分儀といった航海計器類が失われており、やはり――人影は見当たらなかった。
 いったいメアリー・セレスト号になにがおこったのか。
 それは不明である。
 それゆえ、人々は想像をかき立て、メアリー・セレスト号事件はさながら都市伝説の様相を呈していく。
 メアリー・セレスト号発見時、食卓には手つかずのまま食事が残されており、暖かいコーヒーもそのままで、火にかけた鍋もあり、書きかけの航海日誌がそのまま残されており、洗面所には髭を剃った痕跡すら残っていた。まるで人だけが忽然と消えてしまったその描写は、その典型的な例といるが、実際にはそのようなことはなかったと記録されている。
 ただ、メアリー・セレスト号に何があったのかだけはいまだにわかっていない。そしておそらくはこれからも不明のままだろう。
 しかしこの事件は、人間の好奇心を増幅させ、今後も語り継がれていくであろうことは、想像に難しくない。



台湾でももっとも悲惨な殺人事件 

日本の「女子高生コンクリート殺人事件」と比較しても遜色のないほど猟奇的で残忍な事件が台湾でも発生している。犠牲者の名前は白暁燕。彼女は漫画「巨人の星」の原作者でもある梶原一騎の娘と台湾の女優白冰冰の娘としてこの世に生を受けた少女である。白暁燕は愛くるしい顔をした美少女であり、面立ちは母親似であったそうだ。成長すればいずれ、母親と同じ女優の道を歩んでいたかもしれない彼女であるが、運命は恐ろしく残酷であった。
 1997年4月14日、白暁燕は通学途中に誘拐された。そして犯人グループによって誘拐直後から凄まじい暴力と輪姦を加えられたのである。
 まず、母親の元には犯人グループから暁翼の半裸を撮影した写真と切断された左手小指が送り付けられ、さらに500万ドルの身代金が要求された。母親はなんとか身代金を全額揃えたが、身代金受け渡しの際、マスコミの不手際によって受け渡しは失敗。現金が渡れば家に帰れると信じていた暁燕は戻ってきた犯人グループから身代金受け渡しの失敗を聞いて狂ったように号泣したというが、その後、彼女に待ち受けていた運命は地獄の一語だった。
 身代金奪取の失敗と泣き叫ぶ暁燕に激昂した犯人グループは、暁燕に対し拷問に近い強姦や暴行をおこない、長い時間をかけて惨殺し、遺体を台北近郊のドブ川に遺棄した。4月28日に発見された暁翼の遺体は原形をとどめぬほど破壊され、無残な姿となっていたそうだ。発見者は最初「豚の死骸」かと思ったという。
 直接の死因は窒息であったが、度重なる暴行によって肝臓は破裂しており、肋骨もほとんど折られていた。両手両足の爪は全て剥がされており、両目も抉り取られていた。顔も髪の毛もまばらにされ、首を絞められたために舌は伸び切り、両耳の鼓膜は爆竹で破られていた。前歯は上下三本を残してすべて抜かれており、激しい強姦によって膣と肛門はズタズタになっていた。しかも、子宮内には48本もの釘が打たれており、膣と肛門には2本の鉄パイプが突き刺さっていた。長年にわたり多くの死体を検分した検視係官が「これほど凄惨な遺体は目にしたことがない」と語るほど、白暁燕の遺体は破壊しつくされていたという。
 その後、逃走していた犯人グループの主犯三人は、逃走の最中にも幾つもの事件を起こし、2人が自殺し、1人が逮捕、後に死刑に処されている。
 白暁燕の母は事件の後、死刑存続を訴える活動をおこない、彼女の活躍によって台湾ではいまも死刑が存続されている。死刑撤廃論者の理屈では「自分が死刑を宣告されたらどう思うんだ」ということであるが、そもそも死刑を宣告されるような事件を起こす人間に同情の余地はないのではないだろうか。

日本・パラオ友好の橋

かつて日本の統治下にあり、太平洋戦争では有数の激戦地だったパラオ。天皇陛下が訪れたことでも有名なこの島で、戦後、もう一つの戦いが勃発したことはあまり知られていない。戦った国は日本と韓国。むろん、戦ったといっても、武力による衝突ではない。また、国同士の戦いもでなかった。コロール島とベルダオブ島を結ぶ橋の建設を巡って日本の鹿島建設と韓国のSOCIO建設が受注を巡って激突したのだ。
 橋の建設を巡り、入札がおこなわれた結果、韓国企業が鹿島建設の半分の値段で建設を受注。もちろん、彼らが汚い手を使ったのはいうまでもない。普通に考えればどうやっても赤字になる値段で引き受け、その裏で韓国企業は薄めたコンクリートを使用したり、鉄骨を細い物に変えたりと、自称「世界一」の技術を使って「KBブリッジ」を完成させたのだ。
 当初から橋の耐久性に疑問の声があがっていたが、韓国企業はガン無視。そして1996年9月26日、橋が崩落し、2名が死亡、4名が負傷、電気、水道、電話などのライフラインが寸断され、事が大きくなると、なんとSOCIO建設は韓国に高跳びしたのである。つまり、一切の責任を放棄して逃げだしたのだ。パラオ政府は当然、韓国に抗議したが、韓国はそ知らぬ顔で通したといわれている。
 パラオ政府が途方にくれたのはいうまでもない。そして財政的な理由で橋の再建を断念せざるを得なくなったパラオに対し、無償援助を申し出たのが日本だった。
 建設に携わったのは韓国との受注競争に敗れた鹿島建設である。不正なコンクリートや細い鉄筋が使用され、なんの役にも立たない崩落したKBブリッジの残存部分はすべて撤去され、1997年に一から着工。正真正銘の一流の技術によって建設がおこなわれた結果、5年後の2002年に「日本・パラオ友好の端」として橋は完成。韓国が作った橋とは比べ物にならないほそ立派なアーチ状の橋は、現在でもパラオの交通の動脈として使用されており、橋のたもとの記念碑には日本とパラオの友好が刻まれ、両国の国旗が美しいコントラストを描いている。
ちなみに韓国の面影は、事故の記憶だけだそうだ。

日本の悪夢! 女子高生コンクリート殺人事件

 女子高生コンクリート殺人事件は、1988年11月から翌1989年1月まで東京で続いた監禁・強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件のことを指す。おそらく、日本の犯罪史上類をみない悪質極まりない犯行といえよう。
 事件の経緯は次の通りだ。犯人グループは4人。主犯格はAであり、彼らはバイト帰りの女子高生を拉致し、自宅に監禁した。その後、女子高生に待ち受けていた運命は凄惨の一言である。
 昼夜を問わず強姦。食事は数日に1回しか与えられず、殴る、蹴るなどの暴行は日常茶飯事。自慰を強要され、キチガイのものまねをやらされて嘲笑される。真冬の極寒のなか、全裸でベランダに放置。膣を灰皿代わりにされ、タバコの火を押しつけられる。肛門にロケット花火の火薬を詰め込まれ、爆破。まぶたに焼けた蝋を垂らされ、エスカレートして顔面全体を焼け溶けた蝋でかためられる。膣や身体にライターオイルをかけ放火、のたうちまわる少女を嘲弄しながらさらに暴行。鉄アレイで腹部や大腿部を数十回にわたって殴打したり、人間の尿や精液、大便、ゴキブリなどをむりやり食わされたりした。さらに主犯の男が賭けマージャンに負けた際は腹いせに2時間にわたって暴行を受けた。まさに地獄。少女は1989年1月4日、壮絶なリンチの末、殺害された。
 その後、加害者の少年4人は少女の死に気づき、遺体を毛布で包み旅行用バッグに遺体を入れ、ドラム缶の中に突っ込み、コンクリート詰めにして遺棄した。
 検死の結果、少女の顔面は原形をとどめないほど破壊されており、目、鼻、口の位置がわからないほど膨れ上がっており、親でも判別できないほどであった。また、性器や肛門は裂かれ、焼けただれ、破壊されており、生きているうちから腐りはじめていた痕跡があった。しかも膣内にはオルナミンCの瓶が2本も入ったままの状態であった。そして、被害者の脳はあまりの苦痛から逃れようと、自ら壊れることを選択したようで、溶けていたという。
 この事件によって加害者4人は逮捕されたが、少年であったことを理由に全員、死刑を免れている。主犯格Aも懲役17年という軽さであった。日本ではいま、死刑反対に関する運動が盛んにおこなわれているが、はたして本当に死刑は不必要なのだろうか。この事件を起こした犯人たちは現在、家庭を持ち、のうのうと暮らしている。

sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。