スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の御技か? サンタフェの奇跡

神の言葉を伝え、人々に救世主と崇められたイエス・キリストは、数々の奇跡を知らしめて人々を驚愕させたといわれている。水をブドウ酒に変え、嵐を鎮め、海上を歩き、盲人や手足の不自由な人間を癒し、挙句の果てには死者まで蘇らせたといわれている。もちろん、これらは伝説であって実際にその通りだったかは定かではない。まともな精神を持つ者からすれば冗談としか思えない御技だが、キリスト教徒たちはキリストが本当におこなったと信じているらしい。
だが、この世にはキリストほどではないにせよ、本当に奇跡のような事象が存在している。しかも物質的に現在でも残っている物があるのだ。それが「サンタフェの奇跡」と呼ばれる二重螺旋階段である。

ニューメキシコのサンタフェにある教会にて、極めて間抜けな失態が発覚した。1873年に建築が開始され、ようやく完成が見えてきた頃、吹き抜けの礼拝堂2階部分に聖歌隊が乗る足場が作られていたのだが、そこへと登る方法がないことが判明したのである。通常の会談はスペースがないため設置できず、かといってハシゴでは外観を損なう無様な仕様だ。ついでにいえば改築するお金もない。そこで教会は、まさに神頼みとして大工だった聖ヨセフに祈りを捧げたのである。ハッキリ言って効果が期待できない苦肉の策としかいい様がない。
ところが、奇跡がおこったのである。
ある日、どこからともなく大工道具をもった老人が現れたのである。驚く教会関係者たちに、老人は問題の解決を申し出た。まるで全ての事情を知っているかのように。教会関係者たちは困惑しながらも老人に問題の解決を託した。
老人はハンマー、ノコギリ、定規、木材を浸した水桶というわずかな道具を使って数ヶ月かけて木製の螺旋階段を作り上げたのである。それも教会の外観を損なわない見事としかいえない階段をだ。
喜んだ教会関係者は、階段完成後、老人をねぎらうために食事へと招いたが、不思議なことにその時にはもうすでに老人の姿はなかったという。しかも工費を受け取らずにだ。
これだけであればよくある「良い人」の善意と思えるだろう。だが、話はそれで済まなかったのである。
この螺旋階段には杉の木が材料として使用されていたのだが、なんとこの杉の木、すくなくともサンタフェ付近には存在していない未知の木材だったのである。また階段には支柱も外壁への設置がないため、力学的には存在不可能な代物だったのだ。にもかかわらず、階段の強度は上から下まで余すところまで人が乗ってもビクともしない造りである。そして一番の不思議は、この見事な階段を老人が造っている様子を、誰も目撃していないことであろう。
まさか老人は、本当に聖ヨセフだったのだろうか。真実は神のみぞ知る事象といえよう。
ちなみにこの階段、現在も存在しているが、保存の観点からいまは使用することができないという。ただし、使用禁止になる前は85年間も毎日のように使われていたが。
スポンサーサイト

誰がなんのために書いたのか? ヴォイニッチ手稿

世の中には未だに判読が文字が多数存在している。新石器時代のヨーロッパで扱われていたというヴィンチャ文字、インダス文明のインダス文字、メソアメリカに存在していたオルメカ文明が残したオルメカ文字、インカ帝国の結縄文字、他にも原エラム綿文字、クレタ聖刻文字、ワディ・エル・ホル文字、キュプロ・ミノア文字、ロンゴ・ロンゴ等、数多くの未判読文字が存在している。しかし、中でももっとも判別が難しいとされているのが「ヴォイニッチ手稿」に書かれた文字列だろう。

1912年、イタリアにて不可解な古文書が発見された。それは羊皮紙約240ページに渡って綴られた古書の束で、そこには色彩豊かな挿絵と、異なる言語体系によって作成されたとしか思えない文章が書かれていたのだ。古文書の発見者はポーランド系アメリカ人で古書収集家であったウィルフリッド・ヴォイニッチ。彼の名前をとって「ヴォイニッチ手稿」と名づけられたこの古書は、未だに正式な題名が解明されていない。
手稿は特殊な記号を用いたような言語によって綴られており、古書の上部や左右には緻密な植物や花、あるいは銀河や星雲などの天体図、複雑な給水装置、プールか浴槽と思わしき水槽に浸かる女性の姿、精子に似た図柄など、不可解な挿絵がかなり綿密に描かれている。当初はなにかのイタズラで書かれたのではないか、とも思われていたが、手稿に書かれている文章を統計的手法で解析した結果、でたらめな文字ではなく自然言語か人工言語のように確かな意味を持つ文章であると判明したのである。しかし、あまりにも意味が不明なため、現在においてもこの古文書に何が書かれているのかは判明していない。
一説によればこの手稿は、中世ヨーロッパにおいて広まった錬金術に関する書物だとも言われているし、あるいは南フランスで栄えたカタリ派の儀式を記したもの、薬草学に関する知識と見解に関するもの、あるいは地球とは別の文明の存在を記した異世界の書物だとも言われているが、現在のところ、定かではない。いったい、誰がなんの目的で書いたか定かではないこの手稿だが、他に似たような文章が発見されていないことから、もしかしたら情熱のある人間が現在の同人誌のような感覚で書いたのではないか、とも思えてしまう。
いずれにせよ、ヴォイニッチの手稿は発見されて以来、人々の想像を掻き立てる代物であることは確かなようで、ハワード・フィリップス・ラブクラフトの「クトゥルー神話」をはじめとして数々の作品に登場している。

マンテル大尉事件

この世には理解不能な出来事が多々存在するが、実害を伴った例はそれほど多くは無い。しかし、時には例外的に人死にが出る場合も少なからずある。アメリカ合衆国空軍所属のトーマス・F・マンテル大尉もその一人かもしれない。
1948年1月7日、ケンタッキー州にて未確認飛行物体に関する目撃情報が相次いだ。連絡を受けたゴドマン空軍基地はすぐさま付近を飛行中の飛行部隊に連絡し、追跡を指令した。この飛行部隊を率いていたのがトーマス・F・マンテル大尉だったのである。マンテル大尉率いる飛行部隊はすぐに自分たちよりもはるかに上空を飛行している謎の未確認飛行物体を発見、追跡に入った。しかし、この直後、他三機の戦闘機が燃料不足のため追跡を断念し、マンテル大尉だけが上昇を続ける未確認飛行物体の追跡を継続した。
マンテル大尉が空軍基地に対して、

「高度7000フィートまでに追いつかなければ追跡を断念する」

と報告し、消息を断つ。
そして数時間後、マンテル大尉は広範囲にわたってバラバラになった戦闘機の残骸と共に遺体となって発見される。
この事件は全米のマスコミによって報じられ、センセーショナルな事件としてアメリカ全土を震撼させた。アメリカ空軍は当初、「大尉は金星を未確認飛行物体と誤認して高硬度で飛行し、酸欠状態に陥って意識を失って墜落した」と発表しているが、1年後には「海軍がテスト飛行させていたスカイフツク気球を誤認した」と説明を変えている。スカイフック計画は当時、海軍がおこなっていた極秘計画だったため、空軍への連絡がおくれたためだ。最終的にこの「気球の見間違い」がマンテル大尉事件の真相のようだが、はたしてそれは本当なのだろうか。
嘘か真か、マンテル大尉は最後に次のような言葉を残しているそうだ。

「飛行物体の中に何人かの人が見える!」

と。

宇宙からのメッセージ Wow!シグナル

この広大な宇宙において、おおよそ生命体が存在する惑星は一つしか確認されていない。地球である。火星や土星の惑星エウロパにも生命体は存在しているのではないか、といわれているが、現在のところ確認されていない。確認されていないということは存在していないと同義であって、やはり宇宙には地球にしか生命体が存在しないのだろうか。答えは決して「YES」とはならない。宇宙にはそれこそ天文学的な数の恒星があり、それに随従する惑星や衛星の数となると恒星の何万倍にも及ぶ。この広大な宇宙において地球にしか生命が存在しないと考えるのは人間の驕りというものである。
では、他の惑星に生命体が存在することをどうやって確かめるのか。現在のところ、その方法は絶無といって言い。人間が宇宙に進出するようになってからまだ半世紀ほどの時間が経過しておらず、技術的にも物理的にも方法は無い。たとえ無人の探査機を送ったとしても、目標とする惑星が遠くであればあるほど難しくなり、わずかな砂粒を持ってくるのが限界だ。とてもではないか生命体の存在を確認することは、現段階では無理である。予測を立てることは簡単だが。
だが、だからといって地球外生命体の存在を確認する術がないわけではない。物理的な接触ではなく、目に見えない形での接触ならあるかもしれないからだ。それは電波による接触である。かつてそのような事例が過去に存在した。
1977年8月15日、オハイオ州立大学のビッグイヤー電波望遠鏡がとある異様な電波を受信した。それは狭い周波数に集中した強い信号で、しかも地球では使用されていないはずの水素原子の伝播によるものであった。しかもその電波は恒星間の通信での使用が予測される信号と酷似しており、72秒間に渡って観測されたという。この衝撃に観測者であるジェリー・R・エーマンは驚きのあまり観測紙に「Wow!」とペンで記したそうだ。なぜならばこの電波は、太陽系外の地球外生命体によって送信された可能性が高いからである。
だが残念なことに(あるいは幸運なことに)、その後、世界中の観測者たちが躍起になってこれと酷似した電波の受信に躍起になったが、いまだ果たせていない。光と同等の速度で進む電波とはいえ、恒星間単位での送信となると千年や万年という単位が簡単に出てくる距離である。もしかしやらこの「Wow! シグナル」の電波を送信した地球外生命体たちはもうすでに滅んでいるのかもしれない。
しかし、宇宙は無限の可能性に満ちた世界である。地球外の生命体が存在したとしても、それらはなんら不思議なことではないのだ。
sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。