FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の王を名乗った男 インカ皇帝パチャクティ

中世ヨーロッパでペストが猛威を振るっていた頃、大西洋を隔てた新大陸では、ひとりの男が自らを「世界の王」と名乗り、巨大な帝国を建国するため侵略の戦いを仕掛けていた。彼の名はパチャクティ。後に新大陸で最大の版図を誇ることになるインカ帝国の若き国王である。
彼が台頭するきっかけとなったのは、インカにとって最大の敵であるチャンカ族による侵略戦争であった。チャンカ族は勇猛なる戦士の一族である。血に餓え、人を殺すことにいささかの躊躇いももたない彼らは、自分たちが殺した敵の骨で作ったアクセサリーを身にまとい、さらにはミイラ化した死者の王を陣頭に掲げることによって戦意を高揚させ、インカ征服を目論み攻めてきたのだ。その軍勢はインカの軍勢よりも遥かに強大であり、その軍勢に恐れをなしたパチャクティの親や兄弟たちは逃げ出してしまったほどだ。
しかし、勇猛果敢な戦士であるパチャクティは恐れを知らず、味方を率いてチャンカ族との死闘を繰り広げた。それは石器や投石を使った極めて原始的な戦いであったが、熾烈を極め、多くの死傷者をだす戦いであった。
死を恐れぬチャンカ族の戦士に対し、パチャクティもまた死を恐れずに戦った。王である前に戦士である彼にとって、死は恐れるものではなく、むしろ望むものでさえあったからだ。パチャクティは多くのチャンカ族の戦士を倒し、そしてついには彼らのシンボルであった死者の王を倒すことにも成功し、チャンカ族を撃退することに成功した。
これをきっかけとしてパチャクティの地位は確固たるものとかし、その勢力は拡大の一途を辿った。その版図は現在のチリ、ペルー、ボリビアの全土に及び、さらには彼の時代にあのマチュピチュが建てられたほどの一大帝国となったのである。
しかし、彼が築いた大帝国は、たったの100年ともたなかった。中世の暗黒時代が過ぎ去り、新たなる利益と活路を見い出すべく、欲望の塊と化したヨーロッパ人がやってきたからである。彼らにより、インカ帝国は奪いつくされ、破壊しつくされることとなる。

10万ポイント山分けキャンペーンやってます。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーサイト

通風だった歴史上の人物たち

通風といえば尿酸値の高まりと同時に結晶ができ、足の親指の付け根や関節などに想像を絶するような激痛が走り、その痛みは「骨折が何倍もマシだ」といわれるほど凄まじい病であるが、この病気は昔から存在しており、多くの偉人たちを苦しめたといわれている。
通風だと思われる人物は多く、アレキサンダー大王、フレデリック大王、フビライ・ハン、ゲーテ、ダンテ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ルイ14世、ルター、クロムウェル、ニュートン、ダーウィン、ミケランジェロ、ナポレオン、ウィンストン・チャーチル、など、そうそうたる人物たちがなっていたそうだ。
この通風、別名で「贅沢病」や「帝王病」という病名がつけられていることからわかるように、原因は主に食生活で、特に肉や特定の海産物、さらには酒類の暴飲暴食などが遠因となって引き起こされるという。一度発症すると治療は不可能で、いつ襲いくるともわからない通風発作(激痛)に怯えながら暮らす生活を余儀なくされるという。また、通風発作はストレスが大きく関わっていることから、偉人たちも並外れたストレスを抱えていたと思われる。
現在、食生活の欧米化によって、日本でも通風患者が増えており、20代での発症もあるとのことだから、くれぐれも食生活にはご用心を。

追伸 どうか、ここからポイントサイトにご登録を
モッピー!お金がたまるポイントサイト

躁鬱病だった歴史上の偉人たち

双極性障害という言葉を聞いたことはあるだろうか。ストレス社会の現代、日本で蔓延し、時には人間を自殺にまで追い込む精神病の一種だ。WHOの統計では世界でおよそ6000万人が罹患しているとされ、年齢を問わず発症するが、20代半ばでの発症がより多いとされている。原因は遺伝、外的ストレス、生活習慣など様々要因があげられているが、現在もはっきりとわかっていない。薬物治療などで一度は治ったと思ってもまたすぐに再発することがよくあるため、根気強く、長期間の治療が必要である。
さて、この双極性障害だが、これはなにも現代特有の病ではない。昔から存在している精神疾患であり、昔から人々を苦しめてきた割とポピュラーな病である。この双極性障害に罹患した歴史上の人物は多くおり、画家のゴッホ、作家のヘミングウェイ、政治家のニキータ・フルシチョフ、音楽家のベートーベン、俳優のヴィヴィアン・リー、など様々な人物がいる。日本の偉人でも数多くおり、太宰治、宮沢賢治、足利尊氏、桂小五郎、小早川秀秋、平賀源内、高杉晋作、西郷隆盛、芥川龍之介、大正天皇などがいる。もはや全員が故人であるため、直接会って診察することはできないが、いずれの人物たちは逸話を読み解くとそれらしい症状があるため、ほぼ確定的であるといわれている。
(ちなみに、この双極性障害だが、男女とも同じ比率で発症するそうだが、男性偉人のエピソードが多いため、偏った性別観になってしまった)
おそらく人類は、これからもストレスを抱え、多くの精神病に悩まされることになるだろう。そしてこの精神病のもっとも厄介な点は、罹患者を「自殺」へと誘う点だ。
だからもし患った場合は、まずは生きることからはじめよう。
歴史から学べば判るように、人間、死ななければどうにかなるものなのだから。

お金が欲しい方は以下のポイントサイトをご利用してみてください。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。