スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン糖蜜災害

世界は災害で溢れている。火山の噴火、巨大な地震、大嵐、大規模な山火事、干ばつ、そして人災。災害とは自然に力によるものだけでなく、人間の手によっても引き起こされる代物なのだ。そして時にこの人災は、人々の想像をはるかに超える衝撃を与えることもあるのだ。
1919年1月15日の冬、ボストンにて大規模な人災が発生した。ビュリティー蒸留会社の敷地内にあった巨大な貯水槽が破裂したのだ。その貯水層は高さ15メートル、胴回り70メートルにもなり、容量は950万リットルにも及ぶ。そして中には大量の糖蜜が蓄えられていた。糖蜜の津波は高さ4・5メートル、時速60キロメートルという津波となってボストンを襲い、高架鉄道を破壊して列車を押し流し、ビュリティー蒸留会社周辺にあった多数の建物を破壊し、パニックに陥った住民数百人を糖蜜の海に沈めた。この人災によって21人が死亡し、150人が負傷した。もし、貯水槽から流れ出た液体が水かそれに部類するものであったならここまで被害は大きくならなかっただろう。だが、粘度が極めて高い糖蜜であったため、一度沈むと自力で脱出することができず、多くの者が窒息したと思われる。助けにいった者が二次災害で死亡するという事例も発生したことから、救助作業もかなり難航したようだ。
この流れ出た糖蜜を除染するために6ヶ月もの時間を必要とし、洗い流された糖蜜によってボストンの港は夏になっても茶色く濁ったままだったそうだ。他にも石畳の通り、劇場、事務所、自動車、住宅などが糖蜜の被害を受け、事故から30年が経過してもまだ甘い香りが漂っていたとも言われている。事故後、現地の住民たちがビュリティー社を相手に訴訟を起こし、当時の金額で60万ドルの示談金を勝ち取っている。ビュリティー社は無政府主義者による爆破を訴えたが、この訴えが認められることはなかった。
1919年にボストンで発生したこの人災は、後々まで現地の人によって語り継がれていくことになり、現在でも「甘い匂いが漂っている」と語る人も少なくないそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。