スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メアリー・セレスト号事件

 1872年12月5日のことだ。大西洋上を航海中の英国船「デイ・グラシア号」のモアハウス船長は、一隻の奇妙な帆船が漂流しているのを発見した。規則的な行動をするのではなく、ゆらゆらと風になびかれるまま動くその船に違和感を覚えたモアハウス船長は、船に呼びかけをおこなうため信号を発したが、奇怪な船からは何の応答もなく、船上に人影すら見当たらない。
船体には、「メアリー・セレスト」とあった。
 メアリー・セレスト号は、アメリカ船籍のブリガンディン型帆船で、原料アルコールを積み、11月5日にニューヨークからイタリアのジェノヴァに向けて出帆していた。乗組員はブリッグズ船長とその妻セアラ、2歳の娘ソフィアに、乗務員7人を加えた計10人である。モアハウスはブリッグズ船長と親しい友人であり、出港前に会食していた。このことは、後に船長二人の共謀による詐欺疑惑を招くことになるのだが、それはまた別の話である。
 海を漂うメアリー。セレスト号を発見したモアハウスは、一等航海士のオリヴァー・デヴォー他2名に命じ、メアリー・セレスト号を調べさせた。
ボートで接近し、船によじ登る3人。船上には誰もいない。救命ボートも失われており、乗員は何らかの理由で船を棄てたのだと考えられた。しかし疑問が残る。甲板は嵐で傷んでおり、甲板の下には海水が侵入していたが、全体として大きな損傷は見られず、船を棄てる理由が見当たらなかったのだ。
 3人は船外だけでなく船内も調べあげた。暴力の形跡はなく、食料は十分にあり、衣服も残ったままだ。積荷の原料アルコールも残されたままであったが、樽の一部が壊れて中身が流出していた他は、特に変わった様子もない。船長室には航海日誌が残されていたが、アゾレス諸島の西160kmに位置しているという11月24日の記述を最後に途絶えていた。また、経線儀や六分儀といった航海計器類が失われており、やはり――人影は見当たらなかった。
 いったいメアリー・セレスト号になにがおこったのか。
 それは不明である。
 それゆえ、人々は想像をかき立て、メアリー・セレスト号事件はさながら都市伝説の様相を呈していく。
 メアリー・セレスト号発見時、食卓には手つかずのまま食事が残されており、暖かいコーヒーもそのままで、火にかけた鍋もあり、書きかけの航海日誌がそのまま残されており、洗面所には髭を剃った痕跡すら残っていた。まるで人だけが忽然と消えてしまったその描写は、その典型的な例といるが、実際にはそのようなことはなかったと記録されている。
 ただ、メアリー・セレスト号に何があったのかだけはいまだにわかっていない。そしておそらくはこれからも不明のままだろう。
 しかしこの事件は、人間の好奇心を増幅させ、今後も語り継がれていくであろうことは、想像に難しくない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。