スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドルフ・ヒトラー 歯に絹きせぬ名言集

世界でもっとも有名な独裁者は誰か? と問われれば、多くの人が彼の名前を上げるに違いない。
アドルフ・ヒトラー。
20世紀のドイツが生んだ最凶の独裁者である。
現在でこそ、アドルフ・ヒトラーといえば悪の代名詞のような存在だが、20世紀初頭、彼はドイツ国民の熱狂的な支持を受けてドイツの総統になったわけであり、リンドバーグやフォードなど、彼を支持する欧米列強の有力者たちは決して少なくなかった。第二次世界大戦が勃発するまでは、ヒトラーは極めて有能な政治家として認識されていたのである。ただし、ユダヤ人虐殺を初めとする悪業の数々は、決して許されるものではない。
今回は、そんな彼が残した幾つかの名言を紹介したいと思う。

「並外れた天才は、凡人に対して配慮する必要はない」

「大衆の多くは無知で、愚かである」

「神は臆病な民族を原則として自由にしてくださらぬ」

「本当の卑怯者には、死よりも恐れるものがないのだ」

「政策とはいま作られつつある歴史のことだ」

「圧制はただ圧制によってのみ、そしてテロはただテロによってのみ破ることができる」

「女性に優しい女性優遇国家は成長しないどころか衰退する」

「少数の男性が多数の女性と性交渉する時代がくる」

「私の意志こそが、全てを決定する」

・・・・・・良いか悪いかは別にして、凄まじいまでの矜持に満ちた発言といえる。そこまで言い切れる自信が彼にはあったのだから、これは善悪は別にしても、評価に値すべきだろう。この中には頷けるような発言もあり、ヒトラーは決して無能な人物でなかったのは疑いの余地がない。もちろん、虐殺行為と戦争行為は決して許されることではないが、もし、ヒトラーのように「有能」な政治家が出現した場合、大衆はその政治家を支持するだろう。願わくば、その政治家がヒトラーと同じ道を辿らないことを祈るばかりだ。

ここから登録してくれると、管理人の生活が助かります。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。