スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通風だった歴史上の人物たち

通風といえば尿酸値の高まりと同時に結晶ができ、足の親指の付け根や関節などに想像を絶するような激痛が走り、その痛みは「骨折が何倍もマシだ」といわれるほど凄まじい病であるが、この病気は昔から存在しており、多くの偉人たちを苦しめたといわれている。
通風だと思われる人物は多く、アレキサンダー大王、フレデリック大王、フビライ・ハン、ゲーテ、ダンテ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ルイ14世、ルター、クロムウェル、ニュートン、ダーウィン、ミケランジェロ、ナポレオン、ウィンストン・チャーチル、など、そうそうたる人物たちがなっていたそうだ。
この通風、別名で「贅沢病」や「帝王病」という病名がつけられていることからわかるように、原因は主に食生活で、特に肉や特定の海産物、さらには酒類の暴飲暴食などが遠因となって引き起こされるという。一度発症すると治療は不可能で、いつ襲いくるともわからない通風発作(激痛)に怯えながら暮らす生活を余儀なくされるという。また、通風発作はストレスが大きく関わっていることから、偉人たちも並外れたストレスを抱えていたと思われる。
現在、食生活の欧米化によって、日本でも通風患者が増えており、20代での発症もあるとのことだから、くれぐれも食生活にはご用心を。

追伸 どうか、ここからポイントサイトにご登録を
モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。