スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の王を名乗った男 インカ皇帝パチャクティ

中世ヨーロッパでペストが猛威を振るっていた頃、大西洋を隔てた新大陸では、ひとりの男が自らを「世界の王」と名乗り、巨大な帝国を建国するため侵略の戦いを仕掛けていた。彼の名はパチャクティ。後に新大陸で最大の版図を誇ることになるインカ帝国の若き国王である。
彼が台頭するきっかけとなったのは、インカにとって最大の敵であるチャンカ族による侵略戦争であった。チャンカ族は勇猛なる戦士の一族である。血に餓え、人を殺すことにいささかの躊躇いももたない彼らは、自分たちが殺した敵の骨で作ったアクセサリーを身にまとい、さらにはミイラ化した死者の王を陣頭に掲げることによって戦意を高揚させ、インカ征服を目論み攻めてきたのだ。その軍勢はインカの軍勢よりも遥かに強大であり、その軍勢に恐れをなしたパチャクティの親や兄弟たちは逃げ出してしまったほどだ。
しかし、勇猛果敢な戦士であるパチャクティは恐れを知らず、味方を率いてチャンカ族との死闘を繰り広げた。それは石器や投石を使った極めて原始的な戦いであったが、熾烈を極め、多くの死傷者をだす戦いであった。
死を恐れぬチャンカ族の戦士に対し、パチャクティもまた死を恐れずに戦った。王である前に戦士である彼にとって、死は恐れるものではなく、むしろ望むものでさえあったからだ。パチャクティは多くのチャンカ族の戦士を倒し、そしてついには彼らのシンボルであった死者の王を倒すことにも成功し、チャンカ族を撃退することに成功した。
これをきっかけとしてパチャクティの地位は確固たるものとかし、その勢力は拡大の一途を辿った。その版図は現在のチリ、ペルー、ボリビアの全土に及び、さらには彼の時代にあのマチュピチュが建てられたほどの一大帝国となったのである。
しかし、彼が築いた大帝国は、たったの100年ともたなかった。中世の暗黒時代が過ぎ去り、新たなる利益と活路を見い出すべく、欲望の塊と化したヨーロッパ人がやってきたからである。彼らにより、インカ帝国は奪いつくされ、破壊しつくされることとなる。

10万ポイント山分けキャンペーンやってます。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。