スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類を破滅に導く兵器 細菌兵器

人類は様々なものを武器として戦ってきた。原始時代は石ころや棒きれであったりしたものが、時代を重ねるに連れ、研磨された黒曜石の武器となり、青銅製の剣や槍となり、鉄製の武具が登場し、そして火薬を使った鉄砲が発明され、戦車、戦闘機、戦艦が生み出され、さらには究極兵器とも呼ぶべき核兵器まで誕生させる。だが、人間は古来より、もっとも強力かつ有効的な兵器として、古く、そして新しい攻撃方法としての手段をもっていた。それが細菌兵器である。
細菌兵器の歴史は古く、古代ギリシャ時代には武器として使用されていたという記述がある。しかし、もっとも残酷な方法としてこれを駆使したのはモンゴル軍であった。
西暦1348年の頃である。当時、モンゴル軍は、軍を西へ西へと進めていた。そして要所であるジェノバの港町カッファへと到着したのである。このカッファを速やかに落としたかったモンゴル軍の将軍は恐るべき一手を打つ。投石器を使って大量の死体をカッファの町へと投げ込んだのだ。
この死体、ただの死体ではない。当時、黒死病として恐れられていたペストによって死んだ味方の兵士たちの死体である。当然、この死体を投げつけられたカッファの町は大混乱に陥った。ペストで死んだ死体は腐敗し、悪臭を放ち、その様相はさながら「呪い」で死んだかのごとく凄惨なものであったからだ。人々は逃げ惑い、カッファの町は陥落。そしてこの後、ペストはヨーロッパ全土へと広がりをみせ、6000万人ともいわれる人々の命を奪って行くことになる。
細菌兵器の歴史は続く。大西洋を横断し、新大陸へと到達したヨーロッパ人は、鉄製の武器や鉄砲で猛威を振るうと同時に、自分たちが気づかないうちに保菌していた天然痘や梅毒を広め、新大陸の人々を殺していった。1763年にはイギリス人のジェフリー・アマート将軍によって天然痘菌によって汚染された毛布やハンカチがインディアンの村に配られ、多くの死者をだすにいたった。
第二次世界大戦では、ナチス・ドイツが生物兵器開発を進めるべくユダヤ人を使って人体実験をおこない、日本軍の731部隊でも来るべきアメリカ軍との決戦に備えて大量の細菌兵器が用意されていた。
そして現在、ジュネーブ条約によって細菌兵器の使用は禁止されているものの、アメリカ、ロシアを始めとした各国で大量の細菌兵器が眠りについており、いつでも猛威を振るえる状況におかれている。その量は、人類を何百回と絶滅させても、まだ余る量だといわれている。
将来、世界規模の戦争が勃発した際、人類を終焉へと導くのは、核兵器ではなく細菌兵器であるかもしれない。

登録者急増中! 10万ポイント山分けキャンペーンやってます!
モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。