スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヘン戦争 麻薬は立派な輸出品

19世紀後半、海洋貿易によって西と東の交易が活発だった時代、イギリスはとある悩みを抱えていた。それは銀の流出である。イギリスは当時、貿易相手国だった清との貿易で多額の赤字を垂れ流しており、それが深刻な財政問題へと発展しつつあったのだ。
イギリスは中国・清からお茶や陶磁器、絹などを大量に輸入していたのだが、イギリスから清へと輸出される品は時計や望遠鏡といった高価な品物であったため富裕層以外に買い手がつかず、結果的にイギリスの一方的な敗北貿易だった。
この事態を解消するためにイギリスがとった政策はまさに悪魔の政策だった。当時、イギリスの植民地だったインドで麻薬であるアヘンを大量に生産し、それを清に密輸して貿易赤字を相殺しよううとしたのである。中国では明の時代からアヘンの吸引が始まっており、すでに社会問題と化していた。そのため清の時代になってアヘンは全面的に禁止されていたのだが、この禁止策にはほとんど取り締まりの効果がなく、野放しの状況だったため、大量のアヘンが中国国内に入ってきたのだ。その結果、下は貧民から上は皇族にいたるまでアヘンが蔓延し、中国全体が麻薬中毒に陥ってしまったのである。そしてイギリスの思惑通り、大量の銀が中国から流出した。
この事態に中国も黙ってはいない。清はアヘンを取り締まるため林則徐という役人を広東へと派遣し、徹底的にアヘンを取り締まった。林則徐は極めて有能な役人で、中国人の役人であれば当たり前に受けとる賄賂に応じず、相手が中国人であろうが外国人であろうが容赦なくアヘンを没収し、海水と硝石灰を用いて処分していった。こうして総量1400トン、箱にして2万を越すアヘンが処分されたのだが、黙っていなかったのがイギリスである。
なんと、イギリスは製品であったアヘンを処分したとして軍隊を派遣し、清に対して宣戦布告したのである。後にも先にも、麻薬を理由にして侵略戦争しかけた国はイギリスのみである。
近代兵器で武装したイギリス軍に対し、広州で迎え撃った林則徐率いる中国軍は敗北。その後、イギリス軍は各地で戦闘と占領を続けながら北上し、ついには北京に近い天津に姿を現した。これに驚いた皇帝・道光帝は驚き、林則徐を解任してイギリスと和平交渉をおこなった。そして多額の賠償金や香港の割譲といった不平等条約が結ばれたのである。この不平等条約は後にアメリカやフランスとも結ばれ、清の弱体化を促進させる動きとなった。
アヘン戦争の後もアヘンの流入は続き、銀は流出して清は「国」という体を保ったまま、植民地とされていくのだった。

サイゴンでの処刑

国家が戦争を始める時、必ずや大義名分を掲げて戦う。ベトナム戦争でアメリカが掲げた大義名分は共産主義の侵略から資本主義社会を守るというものであった。
第二次インドシナ戦争とも呼ばれるこの戦争は、アメリカの威信をかけた戦いだった。
当時、ソビエト連邦の支援を受け、共産主義によるベトナム統一を目指すホー・チンミン率いる北ベトナム軍の前に資本主義を掲げた南ベトナムは劣勢だった。兵の質、士気、戦略、勢い、あらゆる面で北ベトナムが上回っていたのだ。この状況を放置しておけば近い将来、南ベトナムは敗北する。そう考えたアメリカは、ベトナムへ軍を派遣する。
トンキン湾事件をきっかけとした大規模な軍事行動、北爆と呼ばれる北ベトナムへの無差別爆撃、そしてアメリカ軍を筆頭とする有志連合軍の地上戦への参戦。ベトナム戦争は泥沼化した。
そんな最中に発生したのが「サイゴンの処刑」である。
テト攻勢の最中、ひとりの南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)の兵士が捕虜として捕まった。捕虜のなった者が何者であるのか、現在でもわかってはいない。しかし、捕まった捕虜が辿った運命を見て、世界に衝撃が走った。
疲れきった表情で立ち尽くす捕虜にひとりの男が近づいた。その男の名はグエン・ゴク・ロアン。南ベトナムの警察庁の長官を務める人物である。彼は捕虜に近づくと拳銃の銃口をこめかみに当てた。

バンッ!

発砲音が響き、捕虜が崩れ落ちる。血がまるで噴水のように噴き上がり、捕虜はわずかに痙攣した後、動かなくなった。
路上で公開処刑がおこなわれたのである。それも裁判もなしに。
資本主義を標榜とする民主国家にとって、たとえ犯罪者であっても人権が保障されている。罪を犯した者には裁判で弁明や釈明する機会が与えられ、彼を養護するために弁護人もつけられる。裁判によって死刑を宣告されたとしても、それは突然、執行されるものではない。
だが、グエン・ゴク・ロアンは捕虜を処刑した。条約で定められた人道的な扱いをすることなく、裁判もせず、自らの裁量によって殺したのだ。
アメリカははたして正義の側についているのか?
湧き上がった深刻な疑問は、アメリカのみならず世界を覆い尽くすこととなる。それがやがてアメリカの撤退と南ベトナムの崩壊とは、グエン・ゴク・ロアンも思ってもいなかったに違いない。
sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。