スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最大の海難事故 洞爺丸沈没!

 現在でもそうであるが、海難事故は一度発生すると多くの人命が失われる危険性がある事故である。現在は船舶能力の向上やすみやかな救助活動によって大事故が発生しても多くの人命が失われることは無くなっているが、かつてはそうではなかった。天災・人災の区別なく、一度事故が発生すると簡単に数百名単位で人名が失われたのだ。
 1954年の9月26日未明に九州南部に上陸していた台風15号(後に洞爺丸台風と命名)は15時に青森県西方約100㎞の地点にあった。その後、時速110㎞で北東へ進み、17時付近に津軽海峡にもっとも接近すると予想されていた。
 午前中より激しい風雨によって荒れに荒れていた津軽の海であったが、17時頃に風が収まり、晴れ間ものぞくようになった。台風の速度から見て、天候の回復を感じた近藤平市船長は出向を決断し、18時30分を出航時刻とした。
 洞爺丸には乗客乗員合わせて1337人が乗船しており、18時39分、青森に向けて函館を出航した。
 しかし、出航して間もなく南南西の風が著しく強くなり、海が荒れはじめる。平均して40メートル、瞬間的には50メートルを超す暴風が洞爺丸を襲撃。船尾車両搭載口より侵入した海水が車両甲板に停留し、水密が不完全な構造だった車両甲板からボイラー室、機関室への浸水がおこり、蒸気ボイラーへの石炭投入が困難となった。
 車両甲板上へ入り込む海水の量は増加の一途を辿り、船体の動揺により作業員は甲板からの引き上げを余儀なくされた。その間にも開口部からの機関室や缶室への浸水が進み、発電機が次々と不能になる。そして21時50分頃に左舷主機が、22時5分頃に右舷主機が運航不能となる。そして22時12分ころ「機関故障により航行不能となったため、七重浜に座礁する」と乗客に報じられたが、操船不能の状態では座礁は不可能に等しかった。
 22時15分には船長命令で乗客への救命胴衣着用の指示が出され、22時39分にはSOS信号が発信された。しかし、陸上の関係者にはこのSOS信号は座礁したことによって発信されたものと理解され、沈没までの予想はされなかった。
 乗組員たちはどうにか海岸への座礁を目指し奮闘していたが、無情にも襲ってきた大波を受けて洞爺丸は横倒しとなり、横転した。乗客乗員は荒れ狂う海に放り出され、翻弄されながら命を落としていった。
 洞爺丸は沈没し、乗客乗員合わせて1155人が死亡、または行方不明になるという大惨事になった。余談だが、洞爺丸が沈没した付近がタコの漁場であったため、事故後に取れたタコの体内から人間の毛髪がゴッソリ見つかったという話もある。
現在、事故が起こった七重浜には、いまも被害者の霊を慰めるための慰霊碑が建っている。
 なお、この事件をきっかけに、政府は青森と北海道を結ぶ青函トンネルを建設することを決定し、以後、北海道と青森は鉄道によって結ばれた。

くじ引きで殺人 ミニョネット号事件

人間にとってもっとも悲惨な死に方は餓死だといわれている。通常、人間の体内は数日間なにも飲み食いしなくても生存できるよう、脂肪や肝臓などに栄養分が蓄えられており、栄養が補給できない場合はそこからエネルギーを抽出して体機能を保つのだという。また、必要とあらば筋肉も栄養分に変換し、体重がどんなに減ろうが人間の生存に必要不可欠な脳機能だけは維持しようと務めるのだそうだ。ゆえに、人間は食事を断って骨と皮だけになっても、そう簡単には死なない。ただし、その間に襲ってくる飢餓感たるや凄まじく、時には空腹から狂気に走ることも少なくない。
1884年の7月に発生しlたミニョネット号事件はまさに空腹からくる殺人事件といって良いだろう。イギリスからオーストラリアに向けて航行していたヨット船籍ミニョネット号は、南アフリカの喜望峰から800キロメートル離れた公海上にて難破し、船長と2人の船員、そして給仕の少年の合計4人が救命艇で海に投げだされた。救命艇のなかには缶詰2個以外の水や食料は詰まれておらず、4人は雨水や付近を泳いでいたウミガメを捕まえるなどして食いつないでいたそうだ。しかし、漂流18日目にしてそれらは完全に底を尽き、19日目に船長が驚くべき提案をおこなった。おそらく、空腹のあまり正常な判断ができなかったと思われる。
船長の提案、それはくじ引きをおこない、ハズレを引いた仲間を食べるというものであった。
このときは船員の1人が反対したことにより実施されなかったが、翌20日、悪魔の提案が実施され、ハズレを引いた給仕のリチャード・パーカーが殺害されて食われた。彼は喉の渇きのあまり海水を多量に飲んで虚脱状態に陥っており、正常な判断がつかない状態だったという。3人はリチャードを殺害し、血で喉を潤し、人肉を食べて生をつないだ。
彼らは救出後、母国に送還されて殺人罪で拘束された。3人は生き延びるためにはやむをえなかったと主張し、無罪を求めた。しかし、イギリスの高等法院は法律と道徳の観点から緊急避難を認めることはできないとして、謀殺罪として死刑を宣告した。しかし、世論では無罪が妥当という意見が強かったため、最終的にはヴィクトリア女王の恩赦によって禁固6ヶ月に減刑されている。
この事件は極限状態において人間がどのような選択肢をするか、それを考えさせる重要な事件であったといえよう。

狂気の虐殺 保導連盟事件

日本の敗戦によって第二次世界大戦が終結すると、朝鮮半島では共産主義勢力が台頭するようになっていた。特に北側ではソビエト連邦の支援を得た金日成によって共産主義国家・朝鮮民主主義人民共和国が設立され、李承晩率いる大韓民国と火花を散らしていた。この頃、大韓民国では国家保安法が制定され、「国民保導連盟」という思想保護観察団体が組織された。この組織は共産主義からの転向者やその家族を再教育するための組織だったのだが、この団体に加盟すれば食料の配給がスムーズにおこなわれたことから、共産主義者とは無関係な市民も数多く登録したといわれている。なかには警察や政府体制に協力する民間団体が取り締まり成績をあげるため無関係な人物を勝手に登録するということもあったという。こうして悲劇の土壌が醸成されたのだ。
1950年6月25日、朝鮮人民軍の南進によって朝鮮戦争が勃発すると、李承晩は恐怖によってヒステリーをおこし、南朝鮮労働党の関係者や保導連盟員を処刑するよう命じたのである。北朝鮮の侵攻によって内部で反乱がおこる不安にかられたからだ。こうして韓国軍や韓国警察による大量虐殺がはじまった。
虐殺は韓国全土でおこなわれ、全体で120万人が殺されたといわれている。その中には無辜の一般市民や無実を訴える者、共産主義がなんなのかすらわからない者も大勢いたが、警察や軍人は有無を言わさず次々と人々を殺していった。中には村単位で殺されたヶ所もあり、韓国陸軍第11師団などは数百人の村人を一ヶ所に集めたうえで機関銃の一斉射撃による虐殺をおこなっている。しかもこの虐殺を指揮した韓国軍将校は「生存者は助けるので立ち上がるように」と呼びかけ、これに応じて立ち上がった人々にさらなる銃撃をくわえるという卑劣ぶりをみせた。ワイヤーで数珠つなぎにされ、銃撃から逃げようとした人々が腕を真っ赤に染めていた、という兵士の証言もあるから、その凄まじさは想像を絶する。戦争後、各地で埋められていた遺体が次々と発掘されたが、海上へと投棄された遺体も多くあり、犠牲者の正確な数はいまもなおわかっていない。
韓国政府は彼らが北朝鮮軍に呼応して反乱する可能性があった、と嘯いたが、犠牲者のなかには幼い子どもや乳幼児も含まれており、しかも女性は強姦されたというから、もはや国家レベルの犯罪であったことは疑う余地はない。この事件は近年まで韓国政府によって隠匿されており、虐殺は「共産主義者がおこなった」としていた。
ちなみに、この虐殺を逃れた人々が日本に避難、あるいは密入国し、そのまま在日コリアンになったいう。

火星人来襲! ラジオ・パニック

この広大な宇宙のどこかに我々、地球人とは別の知的生命体が存在しているかも知れない、という想像は、昔からなされてきたポピュラーな想像である。特に地球からもっとも近い場所にある火星には、我々人類よりもはるかに高度な文明を有する知的生命体が存在していると本気で考えられてきた。特に有名な小説がH・G・ウェルズが書いた「宇宙戦争」であろう。火星人が地球に到来し、地球(描写は主にイギリス)と戦う情景や人々の心理状況は、いま読んでも圧巻のひと言である。
この宇宙戦争、アメリカでラジオ放送されたことがある。1938年10月30日、ハロウィンの特別番組としてだ。そのリアリティはまた格別で、単なる本の朗読であったにも関わらず、極めて迫真に迫っていたといわれている。
結果、悲劇が生じた。ラジオ放送を聴いた一般市民が火星人の襲来を信じてしまったのである。
当時、アメリカでは大恐慌の余韻やヒトラーによるオーストリア侵略など、潜在的に不安が高まっており、それらが醸成して不安の土壌が形成されていたといわれている。ラジオからは隕石の落下から始まり、隕石がUFOであるという実況がなされ、その内部から怪物が銃を持って現れたという描写が伝えられた。さらに光線銃が乱射され、車の炎上、人々の悲鳴などが伝えられた。これらを聞いて100万人を超す視聴者が火星人の襲来を完全に信じてしまったのだ。
人々は大パニックにおちいり、ラジオ局には回線がパンクするほどの電話が殺到した。人々は車に飛び乗って逃げ始め、火星人が毒ガス攻撃を仕掛けてきたとして防毒マスクを売っている店を走り回った人々も多くいた。セントラルパークでは数千人の避難民が溢れかえり、さらには大統領が訣別の挨拶までしたというデマまで広がって、ニューアーク市の病院にはヒステリーで15人もの患者が運び込まれたという。
この大騒動は翌日の午後まで続いたが、その光景はさながら「世界の終わり」を彷彿とさせたものだっただろう。死者が出なかったことは不幸中の幸いというしかない。
ちなみに、この放送により、本の朗読を担当したオーソン・ウェルズは一夜にして「悪名」によって有名人になったそうだ。

ボストン糖蜜災害

世界は災害で溢れている。火山の噴火、巨大な地震、大嵐、大規模な山火事、干ばつ、そして人災。災害とは自然に力によるものだけでなく、人間の手によっても引き起こされる代物なのだ。そして時にこの人災は、人々の想像をはるかに超える衝撃を与えることもあるのだ。
1919年1月15日の冬、ボストンにて大規模な人災が発生した。ビュリティー蒸留会社の敷地内にあった巨大な貯水槽が破裂したのだ。その貯水層は高さ15メートル、胴回り70メートルにもなり、容量は950万リットルにも及ぶ。そして中には大量の糖蜜が蓄えられていた。糖蜜の津波は高さ4・5メートル、時速60キロメートルという津波となってボストンを襲い、高架鉄道を破壊して列車を押し流し、ビュリティー蒸留会社周辺にあった多数の建物を破壊し、パニックに陥った住民数百人を糖蜜の海に沈めた。この人災によって21人が死亡し、150人が負傷した。もし、貯水槽から流れ出た液体が水かそれに部類するものであったならここまで被害は大きくならなかっただろう。だが、粘度が極めて高い糖蜜であったため、一度沈むと自力で脱出することができず、多くの者が窒息したと思われる。助けにいった者が二次災害で死亡するという事例も発生したことから、救助作業もかなり難航したようだ。
この流れ出た糖蜜を除染するために6ヶ月もの時間を必要とし、洗い流された糖蜜によってボストンの港は夏になっても茶色く濁ったままだったそうだ。他にも石畳の通り、劇場、事務所、自動車、住宅などが糖蜜の被害を受け、事故から30年が経過してもまだ甘い香りが漂っていたとも言われている。事故後、現地の住民たちがビュリティー社を相手に訴訟を起こし、当時の金額で60万ドルの示談金を勝ち取っている。ビュリティー社は無政府主義者による爆破を訴えたが、この訴えが認められることはなかった。
1919年にボストンで発生したこの人災は、後々まで現地の人によって語り継がれていくことになり、現在でも「甘い匂いが漂っている」と語る人も少なくないそうだ。
sidetitleプロフィールsidetitle

グーニャ

Author:グーニャ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle広告 ハピタスsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
sidetitle広告 モッピーsidetitle
モッピー!お金がたまるポイントサイト
sidetitle広告 マクロミルsidetitle
マクロミルへ登録
sidetitleにほんブログ村sidetitle
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。